ゼンハイザーのHD598SRという開放型ヘッドホン…

ゼンハイザーのHD598SRという開放型ヘッドホンが中古で1万円ちょっとだったので試し買い。深夜の音楽再生用に。

ある夏に、釣りに行きすぎて過労になって発症した(笑)メニエールによる難聴で左耳がいかれているのだけど、スピーカーならまあ大丈夫。ヘッドホンはやっぱりちょっと無理だった(笑)。

特に左右チャンネルがシンプルに分かれているロックやポップスは聞こえるべき音が聴こえない。考えてみれば、iPhoneではモノラル出力してたのだった。そんな機能があるプレーヤーがあれば、なんとかなるのか。

一応、片耳のレビュー。片耳の大鹿ってあったな。プレーヤーはPCのiTunes。DAC のAL-38432DS(アムレック)のヘッドホン出力から。

ヘッドホンの基準になる音を知らないけど、まあ音域的には過不足なく、聞き疲れはしなさそうな音。高域も低域も強調感はなくて、意外なほど素直というか中庸。

はっとする鮮度感とかスピード感、ソリッドに押してくる低域といったものは感じない。

最近、スピーカーもこんな音が多いように思う。高能率ユニットによるバックロードホーンを長年聴いてきたから、低域を稼ぐために瞬発力を失った傾向の音は、やっぱりどこか退屈に感じてしまう。

でもまあ、普段使いならちょうどいいところなんだろう。誰が聴いてもいい音ではあると思う。

amazonのリンクは色違いの(こちらが本家だけど)HD598。色合いからプリンと呼ばれているらしい。

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%BC-Sennheiser-HD-598-HD598%E3%80%90%E5%9B%BD%E5%86%85%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E5%93%81%E3%80%91/dp/B0042A8CW2/ref=sr_1_9?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=HD598&qid=1575026148&s=electronics&sr=1-9