パソコン通信時代に、ニフティサーブ釣りフォーラムの…

パソコン通信時代に、ニフティサーブ釣りフォーラムのSYSOP(代表のようなもの)をさせていただいていたので、私のことをたいそうな釣師なんだろうと思っている人もいるようなのだけれど、それはとんでもない間違いだということは、会ったことがある人ならみんな知っているわけです。

かといって、まったくほんとに、箸にも棒にもかからないどへたのど素人というわけでもないのかもしんない。

と、いうことを私は訴えたい(笑)。

初めて自分が釣りをしている写真を見ました。熊本天草のどこかの島の砂地で、ルアーを投げてるんだろうと思います。

釣りとは水に向かい合って、釣り糸を頼りに水と語り合うことだとすれば、もうそれだけで完結するわけで。