マル・ウォルドロンの『ルーカの眺め』という曲。新宿…

マル・ウォルドロンの『ルーカの眺め』という曲。新宿ピットインで旧橋壮カルテット。

透明な沈鬱とでもいうのか。冷たい雨が降る12月の夜に、一人で葉山の部屋にいて、ここまで重たいとかえってほっとする。

アップされて8年半で、有名な曲なのに再生は650回。ある意味、これがジャズのリアルなんだろうけど、こんな音楽がすぐそばにある。